薬で薄毛治療が出来る!医学のチカラ

医学の進歩は薄毛治療でも日々進んでいます。病院で医学で治療できるわけですから、わざわざ怪しげなシャンプーを買ったりヘアサロンに行く必要はありません。
薄毛治療の仕組みを解説していきます。

薄毛治療ができる医学的根拠

薄毛の原因となるDHTの産生をブロック

薄毛の原因 現在の薄毛治療の主体となっているのは、薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストン)が生まれるのを阻害する医療行為です。
DHTが薄毛・抜け毛の原因ですから、これを体内で生まれさせないようにすれば薄毛・抜け毛は止まるというわけです。
DHTを生まれさせないための薬としてメジャーなものがプロペシアという薬です。
つまり抜け毛を根本的に止める方法が医学的・薬学的にしっかりと確立しているのです。
ただし、薄毛は病気ではないので保険は利きず自由診療です。そのため病院選びがポイントになります。


ココが病院間の差! ko 病院選び3つのポイント

治療期間の目安

プロペシアを中心とした薄毛治療の治療機関の目安を記述してみます。


期間

開始~3ヶ月 → 抜け毛の減少。 生え際に産毛。
 4~6ヶ月 → うぶげが太く。 薄毛が目立ちにくく。
 6~1年  → 明らかな抜け毛の減少。 ボリュームUP。 生え際の前進。
 1~3年  → 薄毛が減る。 4人に3人は効果を実感。
 4年以降  → 改善した毛髪が維持される。


「結構ながくかかるな~」と思ったかもしれませんが、薄毛の進行を止めてなおかつ発毛をさせる訳ですから少々時間はかかります。
ただし病院では最初にプロペシアで効果が出やすい体質かどうかの診察をしますので、長年治療して効果が無いという方は非常に少ないです。治療ですから100%効果があるとは言いきれませんが、万有製薬の資料によると97~98%の方が効果を感じられています。

カギは薬の差ではなく病院の差! ko 病院選び3つのポイント

関連する記事

ニセモノにご注意を!

実はプロペシアのニセモノがネットなどでかなり出回っています。特に海外からジェネリックと称しての輸入物は過半数がニセモノだったという調査結果も!

プロペシアのニセモノにご注意を!
体験談 管理人のAGA治療体験談

論より証拠。当サイト管理人によるAGA治療写真付き体験談ページ。

#AGA治療体験談

地域別-薄毛治療医療機関

地域別に薄毛治療の実績がある医療機関を紹介します。AGA専門の科がある病院を選ぶのがセオリー。

全国地図

北海道・東北 | 札幌 仙台
関東     | 東京新橋渋谷新宿銀座立川
         横浜 川崎 大宮
東海・中部  | 名古屋 静岡
近畿     | 大阪
中国・四国  | 広島
九州・沖縄  | 福岡 鹿児島

管理人のAGA体験談
体験

当サイト管理人による治療体験談。

体験談はコチラ
当HPで選ばれている医院
シェア

当サイトでは銀クリAGAを選ぶ方が圧倒的に多くなっています。

銀クリ 治療詳細