ニコチン酸ベンジルとは

ニコチン酸ベンジルとはどのような用語なのかまとめてみました。


・ビタミンEと似た性質を持ち、皮膚血流量を増加、血管を拡張させて血流をよくする温感刺激作用がある
・ニコチン酸は米ぬか、酵母の組織中より発見され、ビタミンBの複合体の一つである。
・ビタミンEとは脂溶性ビタミンのひとつで野菜・植物性油脂などに多く含まれる
・しもやけ(凍瘡)治療や、慢性アルコール中毒、狭心症治療にも使用されている
・体質によっては、ビタミン類におけるアレルギー性反応で副作用を引き起こす場合もある


ニコチン酸ベンジルは血管を拡張させる効果を期待され、シャンプーや育毛剤に配合されることがあります。薬品とは違いますので明確な効果は期待できません。

よくよまれている記事

ニセモノにご注意を!

実はプロペシアのニセモノがネットなどでかなり出回っています。特に海外からジェネリックと称しての輸入物は90%以上がニセモノだったという調査結果も!

プロペシアのニセモノにご注意を!
当HPで選ばれている医院
シェア

当サイトでは銀クリAGAを選ぶ方が圧倒的な数値となっています。

銀クリ 治療詳細

人気クリニック