フィナステリドとは

フィナステリドとはどのような用語なのかまとめてみました。


・薬。アメリカのメルク社が開発。
・抗アンドロゲン薬の1つ。テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する酵素である5-アルファ還元酵素を阻害することによって作用する。
・そもそもは前立腺肥大症の病状が進行する危険性を低減する薬として使われているもの。
・男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、プロスカー、プロペシアなどの商品名で発売されている。日本ではプロペシアのみ流通。
・発毛に直接作用するわけではないが、ヘアサイクルをただすので結果的に発毛が認められる。
・日本では2005年12月に万有製薬(現:MSD)から発売
・少なくとも進行をくい止められたという意味では、フィナステリドは、98% の人に3年間効果があった。
・国内の臨床試験では半年で 48%、1年で 58%、2年では 68%、3年で 78% と髪が増える人が経時的に増えていった。
・髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっている。
・頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際(M字ゾーン)などの前髪にも効果がある
・胃部不快感、性欲減退などの副作用も認められるが、プラセボ(偽薬。本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬)による副作用(つまり気のせい)と同程度の副作用しか発生していないため、フィナステリドは副作用が小さいといっていい。
・薬剤費とその他の負担額(診察料、調剤料)などを含めると1か月9,500円~13,000円程度のところが多い。


フィナステリドは日本ではプロペシアの名前で流通しています。プロペシア以外のフィナステリドは正当なルートではない流通なので偽物が多く危険です。

よくよまれている記事

プロペシアの効果ってどのくらい?

男性ホルモンの一部を抑制し、AGAを治療する「プロペシア」最近知名度が上がっていますからご存知の方も多いかもしれません。医薬品ですから効果は期待できますが、さてどの程度の効果なの?

プロペシアの効果
ニセモノにご注意を!

実はプロペシアのニセモノがネットなどでかなり出回っています。特に海外からジェネリックと称しての輸入物は90%以上がニセモノだったという調査結果も!

プロペシアのニセモノにご注意を!
病院選びがカギを握る

薄毛治療は医学的アプローチで行うのがセオリー。科学的かつ財布にも優しいです。しかしながら病院選びを間違えるとちょっと大変。だから選び方を解説。

病院選び3つのポイント
当HPで選ばれている医院
シェア

当サイトでは銀クリAGAを選ぶ方が圧倒的な数値となっています。

銀クリ 治療詳細

人気クリニック